1. ホーム
  2. 機能性と利益

機能性と利益

土のう

近年多くの需要が集まっている土のうとして、吸水土のうがあります。これまでの土のうといえば、土砂を袋に詰めたタイプであるため、保管する場所から土のうを積む場所まで運び出すのに時間や手間がかかるものでした。しかし、吸水土のうであれば乾燥した状態ならば軽く、形状も薄く平たいものとなります。そのため車などを使わずとも、直接手でたくさんの土のうを運ぶことができるのです。工事現場で使用するほか、ゲリラ豪雨などの急な水害によって浸水や水の氾濫を防ぐとなると、重い土のうを迅速に運びださなければならないものです。吸水土のうならば、すぐに現場まで運び入れ使用することができるので、時間のロスを防いで急な災害にも対処できるでしょう。乾燥した状態ならば保管もしやすいので、倉庫にしまう場合にも場所を取らないとして、多くの人に利用されています。

土のう袋を制作し販売する会社に依頼することで、自社の名前やロゴを記載することができます。建設会社などの土木関係の会社であれば、建設現場で土のう袋を使用することもあるでしょう。機器や建材を洗浄するため大量の水を使用し、街路を汚さないように水の流れを土のう袋でコントロールして、排水口へと流す場合もあります。そういった場合に、企業ロゴや社名が入った土のう袋を使用すれば、通行人へ自社の名前を広くアピールすることができるでしょう。CMなどの広告が企業利益に繋がるのは、日常の多くの場面で企業の名前を見ることで、親しみが得られ利用しやすくなるからです。建設会社もまた、多くの建築現場から通行人へ社名をアピールすることで、多くの仕事を手掛ける会社であると社名を見た多くの人に印象付けられるでしょう。災害時に自治体から土のう袋の使用を要請されることもあるので、そういった場面で土のう袋を見かけた多くの人は、企業に対して好意的な印象を持ってくれることでしょう。

ディスプレイ用の金網

作業中

金網を専門的に製造する会社では、注文することにより、コンビニなどの販売店で重宝される金網ラックを作ってくれます。体育館や屋内運動場、工場で使われる天井メッシュの金網も製造してくれるでしょう。

震災対策として有効活用

工事現場

飛散防止フィルムを使うことで震災や台風などの被害を最小限に抑えることができます。ガラス破片によるケガを防ぐことができ、防犯対策としても使えるのでとても便利なフィルムです。