1. ホーム
  2. 機能性と利益
  3. 震災対策として有効活用

震災対策として有効活用

工事現場

飛散防止フィルムをしていることでガラス破片が飛散らないようにすることができる防災グッズの一つです。日本では、地震が多くあるのでこういった震災対策を行なっておくことが大切です。
震災対策は一般的な人も必要ですが企業などのオフィスビルや工場などもこういった震災対策を行なっておくことが大切です。
飛散防止フィルムをしておくことでガラスは飛散しないようになります。そのため、飛散したときにガラス破片によってケガをすることを防げるのです。また飛散した後に踏んでしまってケガをするなどの2次災害も防ぐことができるのでとても魅力的です。
震災だけでなく、台風などの強風でものが飛んで来てガラスにぶつかったときにはガラスは割れますが飛んできた物は、中に入ってくることがないので安心できます。
こういった特徴を有効に使って防犯対策をすることもできます。宝石店やオフィスの玄関などに飛散防止フィルムを張っておくことで盗難でガラスを割っても鍵を開けることができません。ナイフで飛散防止フィルムを破って開けることができますが、開けるときの時間がかかるので止めて変える盗難者もいます。そのいったことで防犯対策として使えるのです。
これらの飛散防止フィルムは、防災フィルム販売を専門にしている業者などがいるので相談をして購入するといいでしょう。飛散防止フィルムにもいろいろな種類があるので用途に合わせて選ぶことが大切なので一度相談してみましょう。